会社設立前に決めておくこと|花結び司法書士事務所では、では、相続登記、会社設立、成年後見などのご相談を承ります。

会社設立前に決めておくこと

2017年08月07日 12:15:12

「会社を設立する前に決めておくべきことってどんなことがりますか?」とよくご質問を頂きます。今回はどんなことがあるのかをご紹介しようと思います。


・会社の商号 
会社の商号とは会社名のことを言いますが、会社名を決めるときの注意点がいくつかあるのでご注意下さい。

・発起人の決定
会社を設立しようと思い立った方が、発起人になります。

・会社の本店所在地
業務を営む事務所や店舗の所在地、自宅で開業する方の場合は自宅の住所を本店所在地とします。

・会社の目的
会社の事業内容のことを指しますが、適法性、営利性、明確性といった要件を満たす内容の目的にしなければいけないので注意が必要です。

・資本金の額
資本金が1円であっても会社設立の登記をすることができますが、極端に少ない資本金額にすることはお奨めしません。

・1株あたりの金額
1株あたりの金額をいくらにするかについて制限はありませんが、1株あたり1万円もしくは5万円とする方が多いです。

・発行可能株式総数
発行可能株式総数とは、会社が将来において、最大何株まで株式を発行することができるかというものです。

・機関設計
小規模な株式会社を設立する場合は、「株主総会+取締役」「株主総会+取締役+監査役」「株主総会+取締役会+監査役」から選択するケースが多いです。

・会社設立日
法務局に会社設立の登記申請を行った日になります。会社設立希望日が土日、祝日だと、法務局の受付窓口が閉まっているのでご注意下さい。

・事業年度
1年以内の範囲であれば、いつからいつまでを一事業年度とするかは自由に決めることができます。

・公告の方法
株式会社は、会社に関する各種情報を公告により、広く一般に知らせることが義務となっています。


いかがでしょう。思っていたよりもたくさんあると感じましたか?難しい意味合いも含まれていたかと思います。会社設立をお考えの方や上記に関して分からないことがあればお気軽にお問い合わせ下さい。

一覧へ戻る

花結び司法書士事務所

tel/fax
092-574-8620

【OPEN】10:00-19:00
【CLOSED】土・日・祝
事前にご連絡いただければ、土日祝でも対応できる場合があります。

INFOMATION

ページの先頭へ